高卒両親の子の、負けるな国立中高一貫!(2015入学)

子どもが親より遅く寝る時

最近、何日かに1日程度ですが、子どもが私よりも遅く就寝する時が有ります。
何をしているかと言うと勉強しているのですが・・・
先日のエントリーでも書きましたが、復習にストイックに取り組んでいるせいで毎日遅く迄やっています。
TVも観る番組が随分と減りました。
通学に時間が掛かり、遅くに帰ってきて食事を済ませるとそこそこに部屋に籠ってしまいます。
私としてはちょっと度が過ぎているという感覚です。
今度の定期考査で良い結果がでればいいのですが、コレで結果が悪ければ目もあてられません。
自身の目標を見失いかも知れません。
こんなに頑張っているのに、先日の英語の小テストが1点(10点満点ね)という有り様(笑

少々反抗期も出てきているので親としてはコントロールし難いです。


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

やり過ぎの家庭学習

前回の更新から2ヶ月過ぎました(*^_^*)
前回は何でしたっけ?
そうそう、定期考査の話でしたね。
そりゃぁもう思い返すのもおぞましい惨憺たる成績でしたよ・・・
予想と覚悟はしていましたが、その通りの結果でした。
過去最低の成績です。
予習・復習に尽きるよね、という話をこんこんと説きました。
(自分は予習・復習をしたのかというのは棚上げで)
通学時間もあるし部活もあるしで大変だろうから、
まずはその日の分の復習をきちんやりましょうとなりました。
春休み中は遅れていた分のおさらいをずっとやっていました。
全て自学です。見えるようにして欲しいのですが、そのあたりは難しいトシゴロなのです。
春休みは絵の展覧会に一度いっただけでどこにも遊びに行ってません。
そして新学年です。
もう一月過ぎようとしていますが、帰宅すると食事と風呂以外は
ずっと別室で学習しています。
世の親御さん同様に「ホンマにやってるんかいな?」
「スマホでメールしてるのでは?」と疑うのですが、
我が子はなぜかそういった部分がストイックです。
本当にずっと机に向っています。
ただ何をどのように学習しているのかが見えません。
またぞろ結果は定期考査をお楽しみに・・・
って楽しみなんかじゃない!
定期考査本番で力試ししてどうする!
私から言わせれば、やり過ぎなんです。
時間をあんなにかけていては趣味は勉強か?って感じです。
本人が楽しんで学習しているのならば何も言う事は無いし、
それで成績がV字回復(元が低いのでこうは言わないか?)するのならば、
それはそれで良いのですが、自学が自己満足になってしまっては
結果を見てひどく虚無感におそわれやしないかと心配しています。


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

自学はまだまだですね・・・

只今定期考査のまっただ中です。
6年生はつい先日に卒業しました。
あと4年で我が子の卒業かと思うと。やはりこの2年は早いものです。
などと感傷のひたっているヒマは有りません。
数学を見ているのですが(私にはもうそこしかサポート出来ないかも)
ひぃ〜〜〜〜
ちっとも定着してません(>_<;)
確かに毎日毎日ヤルベキ事が満載ですが、予習復習が出来ていないのでしょうね。
テスト勉強をしているつもりが、まるっきり「復習」状態です。
こんなんでは本番のテストに丸腰で挑むようなものです。
各教科を見ても、かなり深いトコロをやっている感じがします。
つい先日にあった国語の問題を見ましたが、漢字を取ってみてもコレは中学生の習う漢字では無いだろう・・・というものまで含まれています。
きっと教材の物語に出てくるのでしょうね。
理科や社会も見ました。そんな大変な状況に居るのに数学をエラそうに叱咤するのも可哀想なのでは有りますが、
が、やらねば成らないのが宿命です。
やはり自学で放置は出来ないです。


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

国立で有る事を感じる時

国立大学付属中等教育学校という事は言わずもがな「国立」ですので国からの補助が有ります。
平たく言うと国民の税金の一部が投入されていますので、その事業の成果は国に還元されないといけません。
「実験校」などと言う人もいますが、先進の教育環境を先取りで受ける事が出来ます。
よく言われるアクティブラーニングなんてずっと以前からやっていますし、中学校課程での単位コマ時間の延長も次年度からスタートする予定です。
そんな中で近々に行政(文科省か?)向けの授業状況の報告会のようなものが有るらしい。
色々と面倒な事では有るようなのだけれど、こういった事は税金の有り難さを国に返す義務のよなものですので、ああ国立なんだなと感じる事です。
昨年は小学校の方で文科省の視察があったらしい。国の教育事業に大いに貢献しましょうぞ。


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

大学までの教育無償化

先日のアベさんの施政方針演説で語られた「教育に厚い日本」
大学までの無性化や給付型奨学金などなど、経済的に教育環境を整えるのが難しい世帯の子にとっては良い方向だとは思いますが、
それも憲法改正の突破口にしようとしているのなら御免被ります。
大学にも行かない(行けない)就職もままならないなんて事で「経済徴兵」に子ども達がかり出されるとしたなら、恐ろしい国になります。

……………
 安倍晋三首相は20日の施政方針演説で、70年前に施行された日本国憲法で小中学校の無償化を定めたことに触れた上で、次の70年に向け「誰もが希望すれば、高校にも、専修学校、大学にも進学できる環境を整えなければならない」と訴えた。大学までの教育無償化をテコに憲法改正を目指す考えをにじませた格好だ。教育無償化の必要性は多くの与野党が共有しており、改憲実現に向けた議論の呼び水にする狙いがある。

 演説では「子どもたちが夢に向かって頑張れる国創り」と題し、教育に手厚く言及した。第2次政権発足後、施政方針演説や所信表明演説で教育を主要項目に据えたのは初めて。大学進学者らへの返還不要の給付型奨学金を創設し、児童養護施設出身など学費負担が重い人を対象に来年度から先行実施することや、幼児教育の無償化拡大などを表明した。

 憲法が普通教育の無償化をうたい、小中学校9年間の義務教育制度が始まったことにも言及。さらに「本年はその憲法施行から70年の節目だ」とし、「高等教育も全ての国民に真に開かれたものでなければならない」と強調した。

 教育無償化では、日本維新の会が憲法改正による完全無償化を目指している。民進党も次期衆院選の公約原案で大学までの無償化を掲げ、共産党も無償化の必要性には賛同している。首相は「日本の未来を共に切り拓いていこう」とも呼びかけ、憲法改正への本格議論に布石をうった形となった。

…………………産経新聞ネットニュースより

クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop