FC2ブログ
 

高卒両親の子の、負けるな国立中高一貫!(2015入学)

修学旅行が近い。

そろそろ我が子の学校でも修学旅行の季節です。
なんと海外ですわぁ!
面白いのはこの学校では行き先は生徒が決めます。
毎年旅行先は変わっていて、前年など近い年度の旅行先には絶対に行きたく無いという慣例のようなものが有ります。
生徒がプレゼンして投票が繰り返されて決定します。
費用や安全性なども考慮されるでしょうから何かしらの規定はあるのでしょうが
生徒主体で有る事には代わり有りません。
国内案もあったようですが今年は海外となりました。
現地でどのような活動をするのかというのも生徒主体で進められます。
空港に集合というのもなかなか・・・(遅刻するなよ)


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

夜更かしがかなり・・・

自分が高校生の頃って自分の部屋こそ有りましたが、TVは有りません。
勿論ネットやスマホなどあるはずも無く、ラジオかカセットテープで音楽やDJを聞きながら過ごすのが定番。
高校生ともなると自分の時間を感じたくてついつい夜更かしになるものですが、自分の記憶では起きていてもせいぜいAM1:00くらい迄かな?
それを過ぎるのは相当に宿題を溜め込んだ時ぐらい(笑
我が家の息子もいつの間にやら家で一番広い部屋を自分の部屋として使うようになり、何をやっているのか追求はしませんが夜更かしが過ぎます。
何度か夜中の3時過ぎに階下に降りてきているのに気付いた事があります。
学校で寝てるんじゃねぇのか?と心配になります。

まぁ色々と成長しているのでしょうけどねぇ・・・・


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


PageTop

英検受験

先日英検が行われましたので受験された方も多いかと思います。
我が家も初めての英検を受けて来ました。
3級です・・・
3級って確か中卒レベルが基準だったはず。
今高2なんですけどねぇ・・・・
ここいらは我が家の戦略(?)でして
私としては準2級で良かったのですが、
奥さんの戦略でまずは合格体験をさせたいという事で3級受験となりました。
3級ですので余裕で合格でしょうから私としては準2級で「挫折」して発奮して欲しかったのですけど
こういったテストは小学生時の統一小学生テスト・漢字検定・模試から久しぶりの外部会場でのテストですので
まぁそれも宜しいでしょう。
来年の6年生時は大学受験の為に最低で準2級が必要になってきますので
プレテストの位置付けで経験しておきましょう。

ホント英語がヤバいんですよ(>_<;)



クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

運動会は春?秋?

先日の週末で運動会を開催された学校も多いと思います。
春(初夏か?)に運動会をするのは練習日に暑い日を避けることが出来るからでしょう。
子ども達は運動会当日だけでなく「練習」に多くの時間が割かれてしまい、受験生にとっては「運動会なんて無くても良い」「怪我でもされたら堪らん」という思いの御家庭もあるでしょう。
実際のところ私も高学年でやる組体操や騎馬戦・棒倒しなど何故イマドキこのような因習まがいの出し物を父兄に見せなければならないのかまったく理解できません。
私学ですとリッチなところはどこかの体育館を使って室内でやるらしい。
可能ならば気象環境も昔とは違う現代、エアコン当たり前の家とは違って屋外は厳しい環境ですので室内開催が望ましい。安全の確保が出来ない出し物は止めてスポーツ大会で良いと思う。

うちの子の今の学校は・・・・
秋開催ですが、練習なんてロクにしませんし、種目なんて「玉入れ」があったりします。
グラウンドにわさわさわさぁ〜〜〜〜と集まって
きゃわきゃわきゃわ〜〜〜〜と騒いで、木陰でジュース飲んでる子もいたりして
全校生徒の一大レクリエーションという感じです。
1年生の保護者は半分くらい見に来ますが、2年生以降の保護者は殆ど来ません。
子ども達が楽しんでいるのを確認すればそれで満足です。


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

大学無償化法が成立、20年4月から 低所得者世帯が対象

怒濤の中学受検が終わって4年が過ぎました。
今や息子も高校2年生の課程に入り、今度は大学進学がいよいよ現実味を帯びて来ました。
経済的な問題もある我が家としては家から通える国公立を基本に進路選びをしなくてはなりません。
子どもには他に行きたい大学(学部)があったようですが、
中学生の夢のような進路でしたので一昨年あたりに現実的な話をしました。
夢を壊すような話はしたくなかったですが、それを追いかけ続けられない現実もそろそろ知る年令です。
知り合いのお嬢さんはもう卒業しましたが、似たような事情から片道2時間半の通学を完遂しました。
皆それぞれの環境で努力は必要です。
で、今のところ目指す大学(学部)は絞り込みましたが
如何せん成績が及ばなくて苦戦しています。国公立は甘くは無いです。
私学はとても無理なのですが、世の中には奨学金という借金制度が有りますので
これも視野に入れて考えねばなりません。
折しも今年甥っ子が大学入試で無事に私学に進学しました。
奨学金制度を利用しています。

先日予てより検討されていた「大学無償化法」が成立したとのニュースが有りました。

・・・・・・・・・・
大学無償化法が成立、20年4月から 低所得者世帯が対象
2019/5/10(日本経済新聞より配信)
低所得者世帯を対象に大学など高等教育を無償化する大学等修学支援法が10日の参院本会議で与党と国民民主党などの賛成多数で可決、成立した。2020年4月から始まる。財源は今年10月に予定する消費税率10%への引き上げ分を充てる。安倍政権が掲げる子育て世代への支援拡充を柱とした「全世代型社会保障」の一環で、与党は夏の参院選に向けて成果を強調する。
大学無償化は低所得者世帯を対象に大学などの高等教育の授業料減免と、返済が不要な給付型奨学金の拡充を合わせて実施する。支援対象は年収の目安が380万円未満の世帯の学生で、授業料の減免や給付の水準には親の年収に応じて差を設ける。
文部科学省が設ける要件を満たした大学、短期大学、高等専門学校、専門学校が対象だ。住民税が非課税の世帯(世帯年収270万円未満)とそれに準ずる世帯の学生の授業料を無償化する。
授業料減免の上限は国公立大が年間54万円、私立大が同70万円。給付型奨学金は国公立大の自宅生が年間35万円、私立大に自宅外から通う学生は同91万円とする。
・・・・・・・・・・・
我が家はモロにこの世帯です。
貸与型は「借金」ですので卒業後に分割返済が必要です。
それが就職後の若いサラリーマンを苦境に追い込む図式はニュースでも取り上げられていますので
やはり「良い納税者」を輩出する為にも給付型奨学金は頼りにしたいところ。
まぁそれもこれも大学に進学できる能力を身につけてからの話ですがね。



クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop