高卒両親の子の、負けるな国立中高一貫!(2015入学)

ドラマ「下剋上受験」を観て思う・・・

初回を観ました。
そして思いました・・・

深キョンは可愛いなぁ・・・三十路半ばとはとても思えない・・・(*^_^*)

あ・それでは無いですねm(_ _)m

桜井氏の本は読んでいないので実際の中学受験のきっかけや経緯は知りません。
あくまでも脚色されたドラマを観ての話です。
我が家は両親ともに高卒です。
ともに技術系の仕事に就くつもりだったので学歴には興味有りませんでした。
桜井家は中卒なので一応は学歴というモノサシで捉えると上ですが、
経済的にはたぶん下でしょう。
私学の中学どころか塾に通わせる余裕も有りません。
我が子が賢そうだから受検した訳では有りません。
学校の勉強をフォローしていたら、
学校って恐ろしくレベルが低いと感じたので
家庭学習を学校そっちのけで進めていたのです。

小学校がこんな感じだったら中学校もこの延長か?
と思ったらぞっとしました。
子ども達の多様性にも悪しき部分も感じたので
そのまま地元中学校に進むのもなぁと思ったら、
世の中には中学受験というものが有るらしいと知り、
家庭学習の先に可能なら国公立の中学しか目指せないけど遠い目標におきました。
私学は有り得ないのです。
ざっと年間100万円、卒業までに諸々考えると800万円くらいは必要でしょう。
我が家じゃ無理なんです。
そう考えるとこの中学受検(こっちね)は親の都合だったかも知れません。
余裕が有ればもう少し楽にそこそこの私学に行けたかもしれません。
桜井家のように完全親塾で適性検査の突破は無謀だったかも知れませんがこれしか選択肢は無かったのです。

ドラマでは受験が親のエゴなのか子どもの将来を思いやっての事なのか揺れる部分が有りました。
我が家はどうだったのだろうと自問自答・・・
合格を手にしたので結果オーライだとは思います。
小学生の子どもにはきっと辛い部分があったと思います。
でも今希望の学校に通っていて友人や先生にも恵まれ、
地元中学校では有り得ない環境を楽しんでいます。
なかなか平均を越えられず苦闘してはいますが、
それも卒業時には良い結果として現れる事を望んでいます。
県内の国立大学附属中等教育学校、偏差値至上主義の他人にも
恥ずかしく無い偏差値です。
親が小学生の子どもにしてやれる事を精一杯したつもりです。
まぁ中学生の今もまだ親がかりなのですけどね(笑

親がこんななので大学も国公立で無いと無理です。
大学はどうなるか分りません。
ただ本人がやってみたいと思う進路に進める選択肢だけは持てるようにと
日々考えています。

ところでドラマは最終的は合格するのかな?
やっぱり不合格から何かを学び取るという展開なのだろうか?

深キョンを観なくては・・・

クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

「下剋上受験」が今夜からですね〜〜

まぁ原作が有るとは言え、ドラマですから色々と脚色は有るでしょう。
やっぱり見るんだろうなぁ、深キョンだしなぁ(*^_^*)
「受験のシンデレラ」も見たもんなぁ。川口春奈だしなぁ(*^_^*)
我が家的にはもう受験は終わっているので嫁サンは興味無いらしい
興味無いというより現状が大変なコトになっているので、
過去は振り返らないのだろう(笑
でも私は見るだろうな、塾にも頼らずチャレンジするというストーリーは人ごとでは無いです。
桜井氏のブログも時々見ています。
ガテン系は好きでは無いですが、娘さんを思っての情熱には頭が下がります。
研究の度合いなどとうてい及びもしません。
ドラマではどんな風に描かれているのでしょう・・・

やっぱり見るか!

クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

地震大国日本で求められる研究

中国地方での地震災害につきまして御見舞い申し上げますm(_ _)m

日本は地震大国ですが、こちら近畿地方でも南海トラフの問題などが有りますので地震被害は人ごとでは有りません。
東北の震災、九州熊本の震災、もちろん阪神淡路の震災などひとたび起これば甚大な被害をもたらします。
これからの研究は再生医療なども重要ですが、地震研究も重要性を認識される時代になってくるのでは無いでしょうか?
勝手な親の欲目ですが、こういう分野の研究者になって欲しいなぁと思う今日この頃です。日本の為になる研究をモチベーション高く(研究費は少ないだろうけど)頑張る姿を想像します。
で、地震研究と言えば京都大学防災研究所地震災害研究部門・・・って、やっぱりソコか!

クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

Wii も 3DS も終了ぉ〜〜〜!

任天堂め!我が家の勝利じゃ!
  って程の事でも無いか、単なる1家庭のハナシです。
先日「Wii も 3DS も使ってないから片付けようか」と
子ども自ら発言して箱に戻しました!
Wii用に使っていたアナログTVがポツンと残りましたとサ(笑
彼はそんなものよりも夢中になれるものを自分の中に見つけたようです。
ゲームに振り回される事のむなしさを実感したようです。
(客観的に見てもそんなには振り回されてはいなかったですけどね)
そうそう、そんな時間の浪費になるようなものは封印しちゃえ!
もっともっと面白いものが世の中には溢れているぞ!


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

我が家の展覧会事情

昨日、京都で開催されている「ダリ展」に家族で行って参りました。
我が家では遊園地などには小さい頃以外は連れ出した記憶が有りませんが、展覧会系にはよく行きます。
そしてその鑑賞スタイルは「行」と呼ばれています。
会場に入ると「さぁ、行が始まるぞ!ではまた各自後ほど会おう!」って事で家族全員がマイペースで作品と対峙します。とは言っても母親はなるべく子どもの近くに居て作品の見所などを解説しています。私も近くに居れば解説しますが、皆自分のペースで進みますので、途中の休憩スペースなどで合流した時に「あの作品良かったよなぁ〜〜〜」などと情報を途中で交換して再度観に行ったりします。
再入場できる会場だと良いのですが、大抵の会場は再入場は出来ませんので、休憩スペースで腰を降ろせない混雑ぶりだと最後まで立ちっぱなしです。ヘタすりゃぁ出口のミュージアムショップを出るまでが2〜3時間の荒行となります(笑
はい、我が家の展覧会滞在時間はいつも2〜3時間は余裕です。
この日は京都大学総合博物館で企画展「虫を知りつくす 京都大学の挑戦」というのが有ったので見たかったのですが、時間切れで帰ってきました。
子どもはモネなどよりもダリなどのシュールなものの方が好みらしい。なかなか出てきませんでした(*^_^*)


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop