高卒両親の子の、負けるな国立中高一貫!(2015入学)

最近撤退した近所の塾

子どもの送迎時の通り道に塾が有ったのですが、
最近になって看板が降ろされました。
出来たのは確か6年生時だったと思うので2年前かな?
フランチャイズの塾でコンピューターを使った個別塾です。
詳細は解りませんが関連したサイトなどを見ると、PC相手に学習して困った時にだけ先生が手を差し伸べるといった感じの塾のようでした。
どこのチラシで見たのだったか、「塾」で伸びる子はもともと伸びる素要の有る子で、勉強が出来ないという状態の子をそもそも塾に入れても伸びないのだという意見を見ました。実際の事の真偽はその子の資質に依るとは思いますが、集団塾や自主性を重んじるPC相手(あるいはプリント学習)では付いてゆくのが精一杯で「伸びる」という意味を考えるとこういった塾ではやはり「伸びない」のだろうなと思います。
伸びなければ効果無しと判断して退塾するのは時間の問題ですので、塾そのものも経営悪化で撤退を余儀なくされるのもこれまた時間の問題。
塾が経営を持続できるのは塾生の中で伸びる子に手厚く指導して、進学実績を積んでもらわないと経営できないという事なのでしょう。


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)