高卒両親の子の、負けるな国立中高一貫!(2015入学)

指導で一番難しいのは「何故にそれが間違いなのか?」という事

最近出番の無い父ちゃんです。
珍しく昨日は平行四辺形の証明問題の丸付けを頼まれました。
今度の試験範囲となっています。
まぁね、丸付けですので大した用事では無いのですが、学校配布の問題集ですから強烈な捻りの掛かった問題では無いです。実際の定期考査では先生のさじ加減の効いた問題が出ますので、なかなかハードルが高いです。
この問題集では簡単なケアレスミスの1問のみで残りは正解でした。
本人も幾何は好きな分野ですので、まぁ問題無しですね。だから自信たっぷりに丸付けを持って来たのかも知れません(笑
受検時の学習指導でもそうでしたが、親サポートで丸付けはどの御家庭でも良くやっておられると思います。「○」だったら良いのですが「×」だった場合の解説が一番苦労される事だと思います。出来ない子の指導はかつて出来なかったけれど今は出来るようになった・・・という人でないと痒い所に手が届く指導は難しいのだと思います。最初っからスラスラ出来るような天才肌の人にはその子がどこで躓いているのかなんて分る訳無いのです。(ちょっと言い過ぎたか?)
「あ〜〜コイツ俺と同じ間違いやってるゾ」という感覚が無いと「なんでこんな事が分んないだろう」という上から目線に縛られてバトルになってしまうのでしょうね。
幾何はわりと通常の理屈で攻める事が出来ますので飲み込み易いようですが、問題は代数の方で1年生時の正の数・負の数の解説から苦労しました。大人はもう通り過ぎた事なので、疑う事を忘れてしまっていますが、代数は子どもにとって新しい事ばかりなで?マークが一杯出て来ます。それを一つ一つ丁寧に潰して行かないと分ったつもりがとても怖い(>_<;)
最近は質問して来ないので大丈夫かいな?と不安にかられる日々です。
定期考査の結果を突きつけられて後追いするのは、これまた大変ですから!


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

出番が無い・・・

そろそろ第二学年の最初の定期考査がやってきます。
受検の頃のように親指導はしていません。というか学校での学習の進め方が把握出来ないので、親主導で進められないというのが実情です。
有り難い事に子どもは学習習慣がついていますので、その効果は別にして自分で学習しています。分らない所のみ質問してくるという感じです。
はぁ〜〜〜父ちゃん出番が無いですなぁ〜〜〜
これで学校の成績もついてきてくれたらば、まったくの問題無しなのですが、
繰り返しブログでも書いているように平均点越えはなかなかに難しいです。
今度の定期考査はどうでしょう?
学校そのものは楽しんでいるようですので、良い事ですが・・・

昨年の受検終了以来、この経験を他に活かせないかとFC学習塾の資格を取ったりしたのですが、FCはやっぱり拘束項目があまりに多くて閉塞感を覚えるので開室は見送っています。で、家庭教師も探っていますがこういうのはどの親御さんも現役大学生を求めているのか、未だに契約成立しません。
地域的に教育意識もそんなに高くないので、とりあえず塾に入れておけば良い……程度の考えなのでしょう。通塾している子は多いですが、その結果についてや現代の教育環境にまで意識を向ける親御さんは少ないようです。
そんでもって高校受験を迎えて嘆くのです(>_<;)
中学受験に限らないのですが、小学生のうちに学習習慣をつけておかないと先々で結局しんどい目に合うのは子どもなのになぁと思う日々です。
どなたか家庭教師要りませんかぁ 高卒ですけど(笑
微分積分を指導するつもりは有りませんが、ベース部分の開拓をしておかないとその畑には花も実も付きませんよぉ〜〜〜


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

嘘つきデート(その6、終了)

皆さんは初めて異性とデートした日の事を覚えていますか?
状況や事の発端はどうであれ、何か凄く一歩大きな成長をしたような、
仲間の誰かよりもちょっと優越感を覚えるような、
それでいて内緒で行動していたりするので(やっぱりか?)少々後ろめたいような浮き足立った思いであったと思います。
何を話して良いやら準備もままならず、
とりあえずの行程だけは抑えたものの相手との波長もうまく合わせられずに、
気まずい思いを残したまま帰宅したりしませんでしたか?
自分の時の異性と二人だけのデートは当時流行っていた映画を観に行っただけでしたね(*^_^*)

当日我が子は予定していた帰宅時間よりも2時間も早く帰ってきました。
遊びに行った目的地への移動時間を考えると早々に現地を引き上げた事になります。
まぁね、最初はこんなものでしょう(笑
むしろその内実が普段と違う気まずい空気に包まれたつまんない時間で、
どうして良いか分らずに「じゃぁ帰るか・・・」で帰ってきたのかな?と思います。
願がわくば、この状況が「この子つまんないなぁ」で女の子が嫌気さしてくれたら嬉しい(爆
もっと実力を付けてステキな子と付き合って欲しいと願う父なのでした。

後日近所の駅で彼女を見かけました。
母親と一緒だったのですが、この母親というのは私は初めて見ましたが、娘に対して「お前」呼ばわりでした。
笑顔で楽しそうでしたが、申し訳無い、やっぱりこんな家庭の子とは付き合って欲しく無いです!

クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

嘘つきデート(その5)

子どもには人と仲良くしなさいと育てています。また、人の多様性を認めなさいとも教育しています。この教育方針の駄目なところは自己顕示が少々抑え込まれる傾向が有りますが、人とぶつかり合うよりは素晴らしいと考えています。
今の世の中は自己顕示欲というのは有った方が良いのでしょうか?無いと困りますが人と協調するには控え目な方が良いとも思えます。何事も偏りは良く無いですが、子どもには世の中を上手に渡って欲しいものです。

最近の男子が「草食系」と言われるようになって数年、私自身もどちらかと言えば草食系男子(オヤジ)です。その辺りは血の成せる業なのでしょう。我が家の教育方針もあって、子どももやや草食系です。そこへもって最近の「肉食系女子」です。今の年頃の女子は男子よりもマセていますので大抵の男子は女子にやり込められているのが実情です。そして件の女の子。小5の頃から知っていますが、先のエントリーでも触れたように私メガネでは良い印象は有りません。個人の多様性は認めますので、その子の在り方を否定する気は有りませんが(御家庭の在り方はちょっと・・・)友人の域を越えるのは反対です。今回の件も彼女が相当にリードしている感じがするのです。ウソの件の事では有りません。親に言い難い心情になる事案はこれからどんどん増えてきますから、その事では有りません。「付き合う」という事が彼女主体で進められているような様子が伺えるのです。
異性に対する魅力って何でしょう?
自分の事をまず振り返ると女子に対しては容姿で有ったり、勉強が良く出来る、優しい、といった所でしょうか?スポーツが出来るというのは私の選択肢には無かったですが他の人にはそういうポイントも有ったでしょう。
では女子目線ではどうでしょう?
容姿や勉強、スポーツ、行動力あたりが男子の評価ポイントが高いかな?
さて〜〜〜〜うちの子はどう見ても・・・(*^_^*)
なのですが彼女から見れば、まぁとりあえず勉強が良く出来る子には見えるでしょうが、そんなワンポイントが人の総合的な魅力になるだろうか?
私の印象では視野の狭い中学生が「良く知っている近場で済ませた」感が有り有りと感じられます。進んでいる子が雑誌や友達の潮流に流されて「コイツでいいや」でアプローチしてきた空気が見てとれます。
そこへもって「押し」に弱い我が男子(笑
女子に対する好みもまだ確立している気配も有りません。簡単に押し切られている肉食vs草食の図が見えます(あらら・・・)。
親密になるのならば良い基準で「選びたい」「選ばれたい」ものです。

次回エントリーぐらいでこのネタ終わります。(*^_^*)


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

嘘つきデート(その4)

小学校での友達関係に悩んだ事は有りませんか?
小学生だと家が近いから・・・なんて理由で友達になったりしますが
中学生ともなると自身のテイストと反りの合う子と親友になったりしますよね。
では異性関係はどうでしょう?
小学生のうちはそれなりに微笑ましいものですが、中学生となると少々リアル感が出てきますよね?
親友は複数いてその数だけ皆個性を持っているので、その距離も近かったり時には離れたりして新たな親友が学年変わりに出来たりします。
しかし、親密な異性が複数いるとそれはちょっとマズいかな?と思います。
中学生でゲスになってはいけません(笑
では、一人と親密になるのならば「選びたい」「選ばれたい」ものです。
人間としてもぐぐんと伸びる年頃です。
親としては親友も親しい異性もお互いに高め合えるような子と接して欲しいものです。

長くなりました。
過日のデートのお相手は小学校時代の友達です。
彼女は地元中学に進学していますが、習い事の関係で今も接点が有ります。
私も良く知っている子です。

そして私のメガネを通して見ると、悪い子では無いのですが、
バッシング覚悟で言うと、友達関係としては構わないけれどもステディな関係にはなって欲しく無い女の子です。
御家庭の育ちがあまり宜敷く無い印象です。これは本人では無くてその親御さんの在り方に問題が有る訳です。我が家はお高く止まるような立派な家であろうハズも無い、平凡な(どちらかと言うと裕福でも無いです、通塾の教育資金も有りませんから)家庭ですが、それでもこの御家庭で育ったお子さんとは・・・と考えてしまうタイプです。
付き合うなら今の学校の子と付き合えよぉ〜〜〜と思うのですが、
それでも色々と難癖つけそうな気もします。親は自分の子が可愛いですからそういうものかも知れません。(*^_^*)


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

嘘つきデート(その3)

幼稚園・小学校と子どもは家の中の親べったりから、
次第に集団生活を経て交友関係などを築き上げて行きます。
きっと皆さんも良い友達に巡り会える事を期待し、つまらない悪ガキと交わらないように注視していた事と思います。
受検も色んな環境を求めてエスケープ受検の意味合いも有ったと思います。
望んで進んだ学校でさえ現実的には、良い子・そうじゃ無い子
反りの合う子・合わない子・・・色々と居ますが親は友達を選べません。
あの子はちょっとなぁ〜〜〜と言うのもなかなかに憚られます。
年頃になると異性関係も芽生えてきますが、
中学生ですのでまだまだ子どもっぽいものです。
この辺りは女の子の方がやっぱり進んでいる感じがしますね。

過日の「嘘」は学校の部活と称して女の子とデートの約束をしたようです。
嘘をついたのも大変に問題なのですが、それ以外にも多々問題を含んでいました。
まずは遠距離通学を経験して、行動範囲がとても広くなっています。
小学生の頃は子ども単独(もしくは友達同士の子どものみ)で電車に乗るなど有り得ませんでした。
進学したばかりの頃は数日は学校まで同行しようかという案さえ持ち上がっていました(勿論そんな過保護な事はしませんでしたが)。
電車で県外まで出掛けようとしていたのです。
目的地は家族で行った事も有る場所なので本人にとってはもう単独行動できる範囲に入っているのです。
学校に行くと言っておいて、もっと遠い所へ行こうとするなんてトラブルにでもなっていたらと思うとゾッとします。


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

嘘つきデート(その2)

学業にしても受検(受験)にしても親はそれなりに理想を描いて子育てすると思います。
それと等しく友達関係や異性関係なども思い描く姿が有ると思います。
で、結果は受検同様にその通りになるとは限りません(笑
難しい年頃に入り、受検も終わってそろそろ親が鬱陶しくなる季節かと思います。知恵もついてきています(悪知恵の方ですね)。
親に言い難い事も増えてきているでしょうが、やっちゃいけない事もまだまだ沢山有ります。自分の頃を思い出しても中学生って子どもと大人の中途半端な狭間に生きる世代です。しかもこの世代に突入したばかりで、おそらく成人する位まではこの中途半端な世界で悩みもがくのでしょう。

先日こんな事が有りました。
土曜日だと言うのに「部活の予定が有る」と言うのです。
母親は「そう」と受け止めて、朝の出発時間を確認していましたが、
私が見破りました(笑
どこで見破ったかは個々の状況で違うでしょうから語れませんが、
元祖イクメンを自負する私ですので、それなりに子どもの成長・学習・様子は敏感に注視しています。
一度のダメ押しであっさり白状する辺りは、まだまだ子どもっぽい男子で安心しました。
頑にウソを吐き通すならば互いにぶつかり合ってしまいますので、歓迎しない状況になってしまいます。

娘だったら私が簡単に騙されて、母親が見破っていたかも知れません。
こんな所で男同士の感覚を再認識していてはいけないのですけどね。
母親は少なからず「親に嘘をついた」という事がショックでも有り、かなりご立腹の様子です。子どもの信用度は地の底まで落ちたようですが、成長過程でやってくる事だから・・・と私がなだめる始末です。



クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

嘘つきデート(その1)

子どもの成長とは早いものです。
もう新入生向けの部活のプレゼンなどをする立場になっています。
なんで2年生ごときが? 3年生はどうした?・・・という気もしますけどね(笑
男の子は女の子に比べてまだ成長度合いは遅い年令です。
が、そろそろオマタにヒゲも生えてきていますので(*^_^*)
色々と難しい年令にも突入してきています。
どこかのカリスマおかんは「恋愛は無駄」なんてのたまっているようですが、
本人が勉学に勤しんでくれるのならば否定はしませんが、抑え込むのはさすがに違うかな?という感じです。
クラスの友達でも女の子バナシがちょろちょろと出て来ているようですので、
口にはしなくとも気になる女子が居ても不思議では有りません。
ステキな青春を過ごしてくれれば良いです。
しかしながら親の思い描くとおりには行かないのが人の人生ってやつです。


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop