高卒両親の子の、負けるな国立中高一貫!(2015入学)

美しい式と美しい文章

私は理系人間なので国語は苦手ですが
昔に同人誌でマンガなんて描いていましたので「起承転結」くらいは判ります
算数の立式の事を考えていると作文もコレに似ているんだろうなと思いました
どこかの数学者が「公式ほど美しいものは無い」と言っていたような・・・

志望校に現在は作文は無いのですが(以前は有りましたが今は面接に変わっています)
記述式ですので単文ながら順序立った漏れの無い的確な文章が要求されます
文字制限の有る記述回答は概ねその文字数の80%程度の量で回答しないといけないそうですが
別な見方をすると80%程度が必要にして最小限の文字数の模範解答が有るはずです
表現や言い回しの違いで多少文字数が増える事を見越しているのでしょう
80%量を下回るのは及第点に届いていないという事です
的確な記述回答はやはり数学的に美しい文章なのでしょうね

話は逸れますがBSでやっている橋本愛の「ハードナッツ」は
数学的にはあんまし面白くありません(と言いながら見ていますが)


何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

学校の懇談会

そろそろ学校の懇談会が有ります
受験時に必要な「報告書」をお願いするのは
来年6年生時の担任の先生ですが

「報告書」にはこちらの地域では5年生からの記録が記されます
志望校での取り扱いはあまり大きな配点にはなっていませんが
この報告書でマイナス点を背負ってしまっては苦しくなるばかりです

5年生に成った当初に家庭訪問が有りましたが
その時には受験の話はしていません
今度の懇談の際には受験予定で有る事を伝えておくつもりです
言ったからといって何かゲタを履かせてもらえるものでも有りませんが
子供の家庭での指導方針は学校にも理解しておいてもらった方が良いでしょう
学校説明会で頂いた「報告書」は各学校によって仕様に差は有りますが
それほど明確な違いは有りません
各教科の評価がそのまま書かれるだけでしょう
大事なのは「備考」というか小学生生活で見られる子供の様子や
こちらから申告する学校外の各種習い事の状況や級などを記してもらえるかという事です
「報告書」はマル秘ですので保護者とて中身は判りません
1学期はもうとっくに終わってしまいましたが
2学期・3学期の生活に於いて
この子は頑張るつもりでいるんだと判っておいて欲しいのです


何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

国語力は表現力より読解力

国語ってなんとなく算数よりは教えられるかなぁ〜〜〜って思い有りませんか?
英語は怪しいけれど日本語は使い続けてン十年!
日本人なんだから小学生の国語は教えられるでしょう・・・
と、甘く見ていたのは2年生まで
でもあっという間にそんな甘さは砕け散りました(>_<;)

国語は文章を楽しむ事が最大の目標と数年前まで思っていました

高校生の時に古文の授業が有りましたが
3年生の時の古文の先生は私にとっては大変魅力的な先生でした
「古文は諸君にパズル問題を残した訳では無い
 当時の日本人が思いを書き記したものであって
 人間の感性が表現されている
 その感性に共感したりして楽しむのが古文の醍醐味」
・・・といった授業の先生でした
1年、2年と文法だのじじ臭い解釈だのに辟易していたのですが
3年の古文は文章の奥に古人の生活が見えるようで楽しかったです
こんな感覚が私の国語という勉強に対する思いを支配していました

でも子供の勉強を見ていて「国語という学習」に対する認識がガラリと変わりました
国語の文章を楽しむのは「読書」であって
内容に対する読み手の感性は「読書感想文」の時以外は用は無いという事
「君の意見なんか問題は聞いちゃいないよ」という実にバッサリと切り捨てられた解答・・・
国語力は作者・筆者の意図を如何に正確に汲み取るかという学問なんですね
なんとも味気ないですがこの技術を指して「国語力」というのでしょう
それを証明するのが先の高校時代の古文の成績
3年時はわずかながらに成績アップしましたが
「面白い」と感じた授業ほどには良い成績は残せませんでした
とりあえずの及第点程度の成績でした(笑



何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

子供をホメるのって難しい

子供はホメてオダてて伸ばすと言いますが
なかなか難しいですね
きっと親の欲が絡んでいるからだと思います
「このぐらいで喜んでもらっては困る」っていう気持ち
「すごいじゃん!」ってどうして言ってやれないのかなぁ(>_<;)
掛ける言葉はプレッシャーと説教ばかり

理科の学習は授業になっているので興味深そうに聞いています
そこらへんは親ですから子供の顔見れば分かります
算数等の演習になると難易度の高い問題(そんなに難しくないのですが)では
時間が掛かる、引っかけに騙される、
簡単な計算でつまづく、解法を何度も教えているのに忘れている

イラっとくる事ばかり

このダメな親を自制するのは難易度が高いです
(そんなに難しくないよ・・・とプロは言うのかな?)




何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

星空観察会

行政がやっている星空観察会に参加申し込みしました
天体観測では無いので望遠鏡とかは使わない感じですが
夜空を眺めて星の動きについて考えるのは良い事だと思います
小学生としては太陽と月の動きをしっかり理解して欲しいのですが
まぁここは何ごとも体験から刷り込まれる知識も大事という事です
多少は興味が湧けば「太陽と月」も知識の定着度が変わってくるかも知れません
未だに太陽は1時間で何度動くか・・・という質問に即答できません
太陽と月の1時間で動く角度はもう計算じゃなくて記憶して欲しい(>_<;)
あ〜〜〜それと月の周期と見え方もまだ怪しい(*^_^*)


何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

学校のテストは良い点数

中学受験をしようかなんて思うくらいですから
学校のテストはほぼ満点に近い点数を取ってもらわないと困ります
今日は理科のテストを持って帰ってきました
点数は150/150で満点です(やれやれ・・・)
単元は「地学・川のはたらきと地形」ですね
理科の先生は学校が実施するこの単純なテストに対して付随して
「何故そういう答えになったか答えられる人は別に書き込みなさい」という
試験の仕方をしてくれます
その答えの内容はテストの点には加算されませんが
通知表には反映するのでしょう
こういう先生は少し深い部分も授業中に話しているでしょうから有り難いです
(残念ながらクラス担任では無いので授業参観で見る事は有りません)
先生方も大変でしょうが少しでも充実した授業を組み立てて行って欲しいものです


何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

問題の読解力がまだ怪しい

問題に対して国語的な読解力が必要なのは
算数や社会・理科にも共通して言える事だと思います
どうしてこの文章が理解出来ないんだろうと
ジレンマに陥る時が5年生になってもまだ有ります
出題文の内容が汲み取れない時が有るのです

先日のNHKの「テストの花道」でこんなのが有りました

★★★★★
ある長さの木を5メートル間隔に切り、
長さがそろった木材を作ろうと思う。
「1回切るのに3分、そのあと1分休憩」という作業を繰り返し、
全て切り終えるのに19分かかった場合、
最初の木の長さは何メートルだったか?
★★★★★
はい、賢明な皆様は判ると思いますが2点問題が有って
○最後の1本をちゃんとカウントするか
○最後の切る作業には休憩の1分は要らない
という事の理解を問うている問題ですよね

ところがうちの子のダメな反応は別のところに有りました
念のために言いますがちゃんと計算はできます
ヤバイのは計算の段階に入れないという事です
彼の反応は「最後の1本の長さが判らないので答えられない」でした
「5mづつ切っていって、最後に1m残るか3m残るか判らないじゃないか」
「この問題では最初の木の長さは計算できない」というものです

『長さがそろった木材を作る』という行為に
『木材の全てを使って作る事が出来る』という概念が無いのです
同じ植木算でも
「道路の端から端まで20m間隔で桜を植えたら全部で15本でした
道路の長さは何メートルですか」
なら素直に答えると思います
シチュエーションが変わった時にそのリアルな姿が思い描けていない感じです

ハラ立つなぁ〜〜〜(>_<;)
じゃぁノコギリの刃の厚みは計算に入れるんかい!
1分の休憩では疲れが取れないから2本目は切れないとか言うんかい!


何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

勉強中のアクビ

学習中にアクビをします
どこかのサイトに長文読解でつまづきやすいのは
「集中力の無い子です」と書いてあった
うん、そりゃぁそうだろう
集中力の無さは手遊びや空中を見つめる姿に表れるそうです
アクビもそうでしょうね
別に眠い時間帯では無いです
勉強なんて退屈に決まってます
知識欲が溢れる子はごく稀な存在でしょう
理科の説明なんかは興味深げに聞いていますが吸収しているかどうか怪しいものです
自分の力をぶつける演習にはアクビが出てしまいます
簡単すぎてアクビが出るのなら嬉しいんですけどねぇ
かと言って出るモノを叱りつけるのもなんか違う気もします
ついついオトナは怒鳴ってしまい
いつも自己嫌悪にこちらが陥ってしまいます(>_<;)


何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

四則演算のルール定着

なんと言ったら良いだろうか(>_<;)
四則演算のルール
+ー×÷の優先順位を今でもうっかりミスをやらかします
先日の間違いはこんな式です

5-3.3+0.7=

もちろん答えは2.4なのですが彼の解答は「1」でした
彼の名誉の為にも補足しますがこれは別な問題式があって
単位変換の問題として出されていますので
式としてはこんな単純な式になっています
単純が故に解き急いでいる感じです
心の中を読むと
「3.3+0.7」で小数が無くなるじゃん! 簡単~~~

・・・という事でしょう

四則演算が出来ない訳では無いのです
でもこんな処が完璧な定着をしていないと
先に進むのに躊躇してしまいます
難易度の高い問題よりもケアレスミスの防止をしないと
いくら深く考える事が出来ても途中式で道を逸れてしまっては
正解には決してたどり着けません

あ~~どうしよう
また後戻りしないとけないのかなぁ(>_<;)


何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

全国統一小学生テストを返却してもらいました

昨日、受験した塾に行ってテスト返却と個別懇談を受けてきました

まず成績表を出されて真っ先に見るのが偏差値(笑
うむぅ・・・期待していないとは言え
成る程なぁ
やっぱしこんなモンかな   って言うのが感想(*^_^*)
担当の塾の先生曰く
「まったく初めての試験でこれだけ出来れば良い成績だと思いますよ」
というリップサービスはさておき
良かった単元、悪かった単元の説明を受けました
チャートを見れば分かる事ですが・・・
その後、学習のあり方など家庭での学習方針のようなものについてお話しました
6年時(来年)の春期講習や模擬テストなどの案内をされただけで
もっと入塾勧誘されるのかと思いましたが丁寧に学習についてお話して頂けました
帰りの車の中で
勧誘されなかったのは並の成績だったからかな?
いや自宅で親が指導している事を話したからかな?
 なんてどうでも良い事を想像しながら帰ってきました

さて、問題の成績(偏差値)ですが

■算数57,1
受験前はもう少しイケるかなと思っていたのですが
問題用紙のメモ書きを見ると単純な計算間違いもあったし
後半の難易度の高い問題までに時間切れとなり勘でマークしたりしていたので
試験の実感としてはこの数値で妥当なところでしょう
このテストには後半に「捨て問」が存在するでしょうから
出来る限り最後の問題に近いところまで出来るようにならないとダメですね
チャートで見えるのは「規則性」の問題に弱いところ
既に把握済みの弱点ですのでそのまま結果に出ています

■国語48.0
はぁ50割れしましたか・・・(>_<;)
これも中身を精査すると至極当たり前の結果では有るのですけどね
漢字・語彙の力が弱いのです
実はこの部分はそんなに力を入れて指導していません
先に文章読解に力を入れています
理由はそこが極端に弱いからですが
「説明文(全体把握)」で明らかに弱いのが出ていました
つまり家庭学習が未だ身に付いていないという事です(なんでかなぁ〜〜)

■理科55.0
これはどうなんだろう?
25分という試験時間がやはり子供にとってネックだったんだろうか?
まったく知らない部分は仕方無いとして
じっくり取り組めば正解しそうな問題も落としています
彼の実力が結果に繋がっていない感じがします
「試験慣れ」というのもやはり越えていかないといけない経験値なんでしょうね
実験を踏まえる分野での思考が遅いのかも知れません

■社会60.3
あまり家庭学習では力を入れていなかった社会でまずまずの成績です
ちょっと意外だったかな?
「情報処理」の分野で少し落としています
グラフの読み取りに早合点が有る感じです
うちの奥さん評では比較的易しい問題だったのでもっと取れたと思うと言います
これも試験時間25分の壁でしょうか?

■4教科55.1
並の上・・・ってところです(*^_^*)

本人は概ねの立ち位置が少し分かったようだったので
あと400日ほどあるからコツコツと底上げしていこうと言っておきました
来年6月のテストも「試験慣れ」で受けてみましょう!


何かしら参考になりましたら
クリック頂けると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop