高卒両親の子の、負けるな国立中高一貫!(2015入学)

白チャートが気に入ったらしい

定期考査目前で自主的にがんばっている我が息子。
数学・英語・理科(国語・社会は私の圏外……笑)
どれも何も聞いてきません。
ん〜〜〜大丈夫なんかな?
まぁ確かにもうそろそろ私の手に負えない領域には入っているのですけどね(*^_^*)
先日買った数学の数1Aの白チャートがいたく気に入ったようで
「分り易い!」と言っていました。
もしも物足りないようだったらグレードアップするよ、と伝えておきました。
参考書や問題集との相性ってとても大切です。
いくら読んでも波長が合わなければ本を開くのさえ億劫になるでしょう。
今のところ親よりも白チャートを頼りにしているらしい(爆

クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

数学が難しい件−2

数1+Aの白チャート買いました・・・
「白」でも結構難しいねぇ〜〜〜
早速先日尋ねられた定理「メネラウスの定理」を調べてみると「数A」に分類されていました。
うちの高校は数1までだったのかな? そこそこの高校だったのだけど大した事ねぇなぁ(笑
高校数学なんだけど読んでみるとやっぱり算数・数学って繋がっているんだねぇ、中学受検で教えたような事も少し入っています。中高一貫校だと高校の先取り学習は常識ですが、中学の範囲の単元でもあと少しやっておきたいような内容も一杯です。こういう先取りでも付いて行けるであろう生徒だと学校は捉えているんでしょうね。
で、つい二日ほど前にまたまた新しい言葉を聞きました。
はい、例によって父ちゃんの記憶に無い単語です。(>_<;)
三角形の五心「内心・外心・重心・垂心・傍心」です。
「内心・外心・重心」は知ってるけど「垂心・傍心」ってなんじゃ???
でも大丈夫! 白チャートが有るもんねぇ〜〜〜
えっとぉ・・・「内心・外心・重心・垂心・傍心」と・・・

はぅ!

「内心・外心・重心」しか掲載が無い!
ううう・・・ネット検索、ネット検索・・・(;_;)

クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

数学が難しい件

先日子どもに数学の定理を尋ねられました。
自分としては結構物覚えの良い方だと思っていました。
使えるかどうかは別にしても習った定理の名前くらいは覚えていて、ちょっと復習すれば基本的な事は教えられると思っていました。
しかし、尋ねられた定理の名前に記憶が有りません、高校レベルまで考えてみても「なんじゃそれ?」って定理でした。
調べたところ高校の1年生あたりで習う定理でした。最近になって教育指導要領に組み込まれたとは考えにくいので、自分も習ったのかなぁ〜〜と自己嫌悪です。
それよりも中2のこの時期で高校1年の範囲に組み込んでいる事が少々オドロキです。ちょっと早すぎないか?
そんな事で今日は家族で買い物ついでに体系数学の参考書&問題集の選定です。
一杯本が有り過ぎて迷うだけでしたが、子どもは数学に苦手意識が芽生え始めているので白チャートの数1+Aをチョイスしました。まぁなんとか親も頑張ります(笑)

クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

PageTop

指導で一番難しいのは「何故にそれが間違いなのか?」という事

最近出番の無い父ちゃんです。
珍しく昨日は平行四辺形の証明問題の丸付けを頼まれました。
今度の試験範囲となっています。
まぁね、丸付けですので大した用事では無いのですが、学校配布の問題集ですから強烈な捻りの掛かった問題では無いです。実際の定期考査では先生のさじ加減の効いた問題が出ますので、なかなかハードルが高いです。
この問題集では簡単なケアレスミスの1問のみで残りは正解でした。
本人も幾何は好きな分野ですので、まぁ問題無しですね。だから自信たっぷりに丸付けを持って来たのかも知れません(笑
受検時の学習指導でもそうでしたが、親サポートで丸付けはどの御家庭でも良くやっておられると思います。「○」だったら良いのですが「×」だった場合の解説が一番苦労される事だと思います。出来ない子の指導はかつて出来なかったけれど今は出来るようになった・・・という人でないと痒い所に手が届く指導は難しいのだと思います。最初っからスラスラ出来るような天才肌の人にはその子がどこで躓いているのかなんて分る訳無いのです。(ちょっと言い過ぎたか?)
「あ〜〜コイツ俺と同じ間違いやってるゾ」という感覚が無いと「なんでこんな事が分んないだろう」という上から目線に縛られてバトルになってしまうのでしょうね。
幾何はわりと通常の理屈で攻める事が出来ますので飲み込み易いようですが、問題は代数の方で1年生時の正の数・負の数の解説から苦労しました。大人はもう通り過ぎた事なので、疑う事を忘れてしまっていますが、代数は子どもにとって新しい事ばかりなで?マークが一杯出て来ます。それを一つ一つ丁寧に潰して行かないと分ったつもりがとても怖い(>_<;)
最近は質問して来ないので大丈夫かいな?と不安にかられる日々です。
定期考査の結果を突きつけられて後追いするのは、これまた大変ですから!


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop

幾何の証明問題

本人は幾何が好きだそうだ、代数は目的意識が湧かないんだろうなぁ(笑
幾何も証明問題に入って来ているので将棋の「詰め将棋」のような感覚を覚えるのかも知れない。
最近学習サポートの機会もめっきり減ったところへ定期考査なので、ちょいと様子を見てみると・・・

う〜〜ん、あきまへんなぁ(>_<;)
単に「好き」と「解ける」とは一致しないという事です。
大きな問題点は数学(算数)全般に言える事ですが、大局が見えていない、代数で言うとやたらと計算したがる等のほんの目の前の事にばかり執着してしまって、結局は遠回りしたり本筋からどんどんと離れていってしまったりになっています。
数学(算数)の本質は「順序立てて物事を考える、説明する」です。
これを外してしまっては深い理解は得られません。
今、算数で悩んでおられるお子さんがいたならば、やたらと計算問題を解いてもただの苦行にしか成りませんよ。ご注意あれ。

で、久々のホワイトボードを使った解説になりましたので写真を撮ってみました。
身長も伸びて、背中もかなり大きくなったなぁ(*^_^*)

P1090078.jpg



ちなみにこちらが2年前の姿・・・

P1080396.jpg


クリック応援して頂けると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

PageTop